蜂の子に期待できる耳鳴り改善の効果とは

良質なタンパク質や各種ビタミンなどの栄養成分を豊富に含む蜂の子は、疲労回復や免疫力の向上などの効能をもたらすほか、耳鳴りの改善にも効果的です。
不快な耳鳴りが日常的になると、ストレスになり不安感や集中力の低下などを招いてしまうため、できるだけ早い対処が望ましいでしょう。
蜂の子は耳鳴りの原因から改善に作用する成分を含んでいるので、活用するのも一つの方法といえます。
この記事では、蜂の子が含む成分の働きによる耳鳴りの改善効果についてご紹介します。

耳鳴りとは?

耳鳴りとは、実際には外界で音がしないにも関わらず、耳の中で不快な音を感知する症状です。
「キーン」という金属音のような高音や「ブーン」という低音のほか、時計の秒針や心拍のように規則的な拍動音や、セミが鳴くような音に聞こえるような場合もあります。
耳鳴りは外耳から中耳・内耳、聴神経や脳までの、音が伝わる経路の途中での異常が発現した症状で、その多くは空気振動を電気信号に変換する内耳の蝸牛の異常で起こると考えられています。
また、耳鳴りや難聴に伴って現れる場合が多く、ストレスや身体の痛み、自律神経やホルモンのバランスの崩れや薬の副作用などが原因で発症する場合もあります。

耳鳴りの種類

耳鳴りはかつて、自分にしか聞こえない『自覚的耳鳴(じめい)』と、医師が聴診器などを用いて他人にも聞こえる『他覚的耳鳴』との2つに分類されていました。
現在は『拍動性耳鳴り』と『非拍動性耳鳴り』という2つの分類に移行しており、前者はかつての他覚的耳鳴に分けられる症状で、内耳や脳の血管になんらかの異常が見られる場合に起こりやすくなります。
拍動性耳鳴りは「ドクンドクン」「サーサー」など、同じような音が一定のリズムをくり返し刻むタイプの症状で、鼓膜を内側から叩かれるように感じたり、血行が聞こえるような音と例えられたりすることがあります。
片耳のみ発症する場合もあれば、両耳に起こる場合もあり、音の強弱や程度には個人差があるうえ、めまいやふらつき、頭痛などを伴うこともあります。
一方、非拍動性耳鳴りは規則性のないリズムや音がし、難聴に伴って現れる場合が多く見られる症状のため、聞こえにくさを自覚した際に現れるタイプの耳鳴り、と判断してよいでしょう。

耳鳴りの原因

耳鳴りの原因のうち、すぐに特定できるものは、中耳炎や外耳炎、耳垢の蓄積で塞がる耳垢塞栓(じこうそくせん)、鼓膜の破裂といった耳の疾患がある場合です。
また、加齢のほかに片頭痛や貧血、不整脈や高血圧などの症状に伴う場合や、主に不整脈に対する薬の副作用なども挙げられます。
耳鳴りに関わるもので特に多いのは、内耳から脳までの間になんらかの異常が起こる感音性難聴と呼ばれる症状で、それにより聴力が下がると聴神経の感度が上がり、本来受け取る必要のない電気信号まで拾うため、耳鳴りとして感知してしまうのです。
慢性的もしくは強いストレスによって自律神経のバランスが崩れ、身体や脳の緊張状態を招く交感神経が過度に働くことで血行不良となり、耳鳴りが現れる場合もあります。

蜂の子が耳鳴りの改善に有効な理由

ストレス軽減に効果があるため

蜂の子が含む豊富な栄養素の中には、ストレスを軽減させるために効果的な成分が含まれています。
中でも必須アミノ酸の一つのトリプトファンは、抗ストレス作用や精神安定作用のある脳の神経伝達物質『セロトニン』の原料に利用される成分です。
セロトニンが不足するとストレス耐性が弱まり、イライラや落ち込み、激しい怒りなど感情の起伏を大きくするだけでなく、寝つきの悪さや不眠を招く原因ともなります。
セロトニンはまた、安定した睡眠の周期や質の高い眠りをもたらすホルモン『メラトニン』の分泌を促す作用があり、こちらもトリプトファンを原料につくられる関係性にあります。
睡眠自体がストレス解消に有効な方法とされるほど重要な役割を担っているため、精神安定や深い眠りを招く物質の原料となるトリプトファンを含む蜂の子は、ストレスによる耳鳴りの改善に有効といえるのです。

コルチゾールを減少させるため

蜂の子はセロトニンの前駆体となるトリプトファンを含むため、ストレスに反応して分泌される性質を持つコルチゾールの血中濃度を下げる働きがあります。
副腎皮質ホルモンの一つであるコルチゾールの主な働きは、ストレスに対して脳や身体が適切に対処できるように、交感神経を刺激して身体を緊張させ、脈拍や血圧を上げるなど身体機能を調節するものです。
しかし、耳の奥にある蝸牛にコルチゾール受容体が多く存在していることから、その血中濃度が上がると耳鳴りや難聴を引き起こすと考えられています。
蜂の子が含む成分によりコルチゾールを減少させることで、耳鳴り改善に効果が期待できます。

血液循環をよくするため

蜂の子には、ビタミンB群やビタミンCなど血行促進に効果的な栄養素が含まれています。
ビタミンB群の一つであるナイアシンは、糖質の代謝に関わるほか、血管を拡張し血行をよくするためにも働く成分で、ほかのビタミンB群と協力して三大栄養素などの代謝を促し、栄養素の吸収率を高めることで血行改善に役立っています。
高い抗酸化力を持つビタミンCは、血管内に発生した活性酸素を除去して細胞や生体成分の酸化を防ぎ、血行をよくするために作用します。
これらの成分が血行を促進することで、血行不良による耳鳴り改善に効果を発揮するのです。

【参考URL】
耳鳴りに効くと評判の蜂の子
http://tinnitustreatmentguide.org/functions-of-black-cohosh-for-tinnitus/
蜂の子で耳鳴りが改善されるのはなぜ?
http://soul.ivory.ne.jp/01.html
蜂の子で耳鳴りが治る?
http://www.schroonlake.org/11.html
蜂の子サプリは耳鳴りに効くのか
http://s.noob.jp/04.html
耳鳴りでお悩みなら一度蜂の子 サプリを試してみて
http://osis.crap.jp/06.html
蜂の子は耳にいい
http://b3-kaede.sakura.ne.jp/2009/11/post_122.html